キャバクラやホストなどの夜のお仕事の世界では、たくさんお金を使ってくれるお客さんのことを「太っ腹なお客さん」を略して「太客」と呼んでいます。
キャストだけでなくお店にとっても非常にありがたい存在です。

しかしただお金を使っているだけでは「太客」と呼ばれません。先ほどと言っていることが違うと思われるかもしれませんが、「お金を使ってくれる」というのは最低条件です。
例えばお金をたくさん使ってくれたけど数ヶ月に一度しか来店してくれていないお客さんは「太客」ではありません。逆に一度に遊ぶ金額は少ないけど1ヶ月に何度も来てくれるお客さんは「太客」になるのです。
夜のお仕事では遊び方が派手ではなくても頻繁にお店に来てくれるお客さんの方が重視され、「太客」認定されるのです。

また遊び方も重視されます。例えばお金は使ってくれるけどキャバ嬢たちにお触りしたり酔うと手がつけられないようなお客さんは、どれだけお金を使っていても「太客」とは思われません。
誰にも迷惑をかけずにスマートに飲んで遊べることも太客には求められているのです。