キャバクラに行くと高確率でキャバ嬢との連絡先交換をすることになると思います。
たまにこの連絡先交換だけで勘違いする方がいるのですが、キャバ嬢がお客さんの連絡先を聞くのは気に入ったからではなく、ただのお仕事です。
営業するために連絡先を聞いているだけなので勘違いしないようにしましょう。また、こうした勘違いをする人は、キャバ嬢が嫌がる連絡をしてしまいがちです。

例えば店外デートのお誘いなんかはキャバ嬢がもらって嫌な連絡ナンバーワンといっていいほどです。
キャバ嬢の本音としては「なんで貴重な休みを費やさなければならないんだ」「お店に来てお金を使え!」という感じです。
たまに「お店よりも外でお金使った方が嬉しいでしょ?」なんてことを言うお客さんもいますが、キャバ嬢にとってプライベートでお客さんと金銭のやり取りをするのはリスクしかないので、嬉しいどころか何か裏があるのではないかと警戒します。
そもそもこうした行為は「裏引き」と呼ばれ、お店で禁止されていることが多いです。

また話が噛み合わない連絡もキャバ嬢をイラつかせます。
例えば自分の伝えたいことだけ伝えてきてキャバ嬢の話を全く聞かない人や、行かないと言っているのに勝手に旅行などの計画を立ててくる人など様々です。
さらにポエムのような返信に困るような内容もイラつきポイントとなります。

キャバ嬢はできればお客さんからの連絡は「お店行くよ!」という連絡以外は欲しいとは思っていません。
そんな中で上記のような連絡をもらうとキャバ嬢のストレスになってしまい、面倒なお客さん認定されてしまうので注意しましょう。